マイナチュレシャンプーの成分を解析したら安全だと分かった!

マイナチュレシャンプーは、無添加やノンシリコンにこだわる方から高評価を得ているスカルプケアシャンプーです。頭皮環境や育毛をサポートする成分が含まれており、頭皮と髪に優しいのが特徴です。その理由は、マイナチュレシャンプーは、アミノ酸系の弱酸性ノンシリコンシャンプーであるため、洗浄力が強すぎず弱すぎず、自然派成分だけを使用しているので完全無添加です。お肌に優しく繊細な女性の頭皮を包み込むように洗い上げます。
そんなマイナチュレシャンプーの成分解析したら安全だということが分かったのでその内容をご紹介致します。
マイナチュレシャンプーの成分を解析したら安全だと分かった!

成分を解析

マイナチュレシャンプーの成分を解析したら安全だということが分かったのでご紹介致します。
マイナチュレシャンプーには、セイヨウノコギリエキス、セイヨウサンザシエキス、ラベンダーエキスをはじめ8種類ものオーガニック成分が配合されています。
その8種類のオーガニック成分がこちら

セイヨウノコギリエキス、セイヨウサンザシエキス、ラベンダーエキス、ノバラエキス、キューカンバーエキス、ローズマリーエキス、タイムエキス、セージエキス

セイヨウノコギリエキスは、ヨーロッパ原産のキク科の植物で、のこぎり状の葉を持つことからノコギリという名が含まれています。殺菌効果にすぐれていて止血剤や軟膏によく使用されているハーブです。その他にも強壮、止血、冷え性、代謝改善、抗酸化作用などの効果があります。その為、白髪や抜け毛にも効果があるとされています。

そのほかにも、頭皮のバランスを整える28種もの植物成分が配合されています。
洗浄・角質ケア成分には、ラウロイルシルクNa、サリチル酸が配合されています。このサリチル酸は、肌の雑菌の繁殖を防ぎ、角質を柔軟にする働きがあります。その為ニキビ化粧品やピーリング剤の成分として使用されています。ほかにも、医薬品・化粧品・食品などの防腐剤として使用されています。

また、頭皮・毛髪保護成分には、ダイズ種子エキス、センブリエキス、カブリロイルグリシンが含まれています。このセンブリエキスは、「千振」という漢字で表され、リンドウ科の植物センブリから抽出した成分で広く胃腸薬に使用されています。千回煎じても苦みが消えないほど強い苦みを含むことからその名前がついたようです。その他には、じんましんや月経を和らげる薬でもあり、また血行を促進する効果などもあります。そんなセンブリエキスに含まれる様々な成分が、頭皮の血行促進や抗酸化作用の効果を発揮します。

保湿・潤い成分には、ヒアルロン酸、トレハロース、コラーゲン、ゼニアオイエキスが含まれています。このトレハロースとは、動植物の細胞内にも存在する天然の糖質で、驚異的な保水力と食品の劣化防止効果があるため食品添加物として様々な食品に使用されています。そのため頭皮の乾燥を防ぎ抗酸化作用が期待できる成分です。

フケ・かゆみ・消臭成分には、グリチルリチン酸2K、カキタンニン、ルイボスエキス、酵母エキスが含まれています。このグリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料としても知られる甘草(カンゾウ)から抽出した天然の成分です。グリチルリチン酸ジカリウムは抗アレルギー薬、風邪薬などに広く用いられています。頭皮への刺激も少なく、殺菌作用や抗炎症作用があることがわかっています。頭皮の表面だけではなく、奥まで浸透していくことが可能な成分であり頭皮や毛根に働きかけ根本からケアをしてくれます。

このように、マイナチュレシャンプーに含まれている成分を解析したら安全ということが分かりました。

 

マイナチュレ シャンプーの抜け毛・薄毛予防効果の詳細はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*